検索フォーム

プロフィール

たかはら

Author:たかはら
ミスターシービーファンの親の元で育ち、ホクトヘリオスと出会い、フジヤマケンザンで抜け出せなくなりました。

出資馬リスト

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

こんなハズレばかりでは、どうしようもないよ
一口馬主ライフと毎週の競馬予想。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011/6月近況】アソルータ
アソルータ
牝3 美浦・萩原厩舎 (1.2.2.3.0.0)
父 ゼンノロブロイ
母 フレンチバレリーナ(フレンチデピュティ)
http://db.netkeiba.com/horse/2008103297/

アソルータ初勝利

(C)CARROT CLUB



------------------------------------------------------------------------------------------
7/10 萩原厩舎
10日の中山競馬では後方で脚を溜め、直線では外から鋭く伸びて4着。「外枠でしたから前半は無理をせずに後方で脚を溜めるようにしていました。勝負どころの手ごたえもよかったですし、内の狭いところからでも周りを気にせずに追い上げて行けましたよ。直線で外に出してからはさらにいい脚を使ってくれましたね。以前はフラフラしたりしましたが、そのような面も見せませんでしたし、徐々にしっかりとして来ていると思います。ダートで勝ってきた馬ですが、走り方などからは、芝のほうがいいように思います」(三浦騎手)デビュー戦以降の芝の一戦となりましたが、直線では外からしっかりとした伸びを見せてくれました。昇級初戦で初めての古馬との戦いを考えれば内容のあるレースを見せてくれましたし、このクラスでも戦える手ごたえを掴むことができました。今後はレース後の状態を確認してから決めていくことになりますが、間隔を詰めて使っていることもありますし、この暑さの影響もしっかり見ながら続戦するか放牧に出すかを判断する予定です。
------------------------------------------------------------------------------------------
7/6 萩原厩舎
6日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒3-52秒9-39秒3-12秒5)。「先週の様子を見ていても大きな問題はなかったので予定どおり今週の競馬に登録して準備をしてきました。今朝の追い切りを見て最終的にジャッジしようと思っていたのですが、ポリトラックコースでサッと動かした感じではいい意味で変わりありません。一定のレベルでコンディションはキープできていると思いますので、今週の芝の限定戦へ向かおうと考えています。前走ようやく勝ったばかりですし、デビュー戦以来の芝のレースになります。古馬と混じっての一戦ですし、どこまでやれるかを見る意味合いが強いレースになります。まだまだ良くなる要素を持っていると思いますし、先につながる内容を見せて欲しいですね」(萩原師)10日の中山競馬(織姫賞・牝馬限定・芝1800m)に三浦騎手で出走を予定しています。
------------------------------------------------------------------------------------------
6/30 萩原厩舎
29日、30日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は本当に嬉しかったですね。ジョッキーもうまく導いてくれました。数を使ってきているのにへこたれなかったし、馬も立派ですね。このあとについてはあくまでも馬の状態次第と思っていたのですが、連戦しているのに予想を反してダメージが少ない。本来ならばここで疲れを癒すために放牧へ出すのが通常なのでしょうが、具合が引き続きいいのならばもう1戦してみてもいいのではと考えるようになりました。お休みを挟んで昇級戦に臨むことも悪くないのですが、今のコンディションでどれだけやれるのかを見るのもひとつの方法ですからね。未勝利戦はより勝利に近いであろうと思われたダート戦に照準を絞ってきましたが、初戦で芝を使ったように芝でもやれるのではと思っている馬です。“やっぱりダートの方がいい”と後々で思うかもしれませんが、せっかくならば次は芝を試してみたいですね。番組表に目を移すと中1週で牝馬の限定戦が組まれています。あくまでも今後の状態に問題がないことが条件となりますが、ここを目標にするつもりでいます」(萩原師)7月10日の中山競馬(織姫賞・牝馬限定・芝1800m)に三浦騎手で出走を予定しています。
------------------------------------------------------------------------------------------
6/25 萩原厩舎
25日の中山競馬では他馬の動向を見て途中から先頭に立つ。勝負どころから動いてくる馬もいたが直線で突き放して優勝。「今日はデキが違いましたね。前回乗せていただいたときは正直あまり良くなかった。でも、あれは仕方のないことだったと思います。大きな震災があって、人も馬も普通の精神状態でいるのはかなり難しかったからね。それに加えて輸送もあったから馬もしんどかったはずです。ちょっとフワフワするところがあるから、本来は馬群のなかで進めたほうが良さそうですが、今日はまわりの動きや勝ちに行かなければいけないことを考えてあの形で運びました。上手に走れていたし、今日のところは言うことないよ。これでまた先を見据えながら育てていけるでしょうし、芝・ダート、距離などもいろいろ考えていけるでしょうね」(横山典騎手)「ホントに良かったし、ホッとしました。これまで歯がゆい競馬が続いていましたが、そのたびに“後ろは離しているし、力は上。大丈夫”と自分に言い聞かせるようにお話をさせていただいていたのですが、この馬を勝たせられないとなるとさすがにマズイですからね。素直に嬉しいです。相手に恵まれたレースだったというのがいちばんの勝因でしょうが、人馬ともによくやってくれましたし、今回は勝つことが最大の目標でしたのでこれでいいと思います。以前からそうでしたが、芝もダートも対応できると思っていますし、これからはいろいろと考えながら接することができます。連戦してきたのでまずはしっかりと状態を確認してから今後のことを考えさせてください。ありがとうございました」(萩原師)これまで苦戦を強いられ、力はあるのに勝てないというレースが続いていました。半信半疑にならざるを得ない状況になりつつありましたが、連戦によって難しかった調整を上手くし、相手関係をよく見てレース選択をした陣営の努力、そして何よりもアソルータの頑張りがあっての勝利を挙げることができたと言えるでしょう。決して無理はしませんが、このあとはレース後の状態次第でリフレッシュさせるかもう一戦するか判断する予定です。
------------------------------------------------------------------------------------------
6/22 萩原厩舎
22日は美浦南Pコースで追い切りました(キリ)。「先週の追い切り後も問題ないので早くて今週の競馬へ向けての調整を行っています。今朝いちばんの時間帯で追い切りをかけたのですが、あいにく霧が立ちこもっていて視界が悪くなっていました。全体の動きが見えにくかったものの内馬場から見て最後の直線の伸びだけ確認したのですが、その動きはとても良かったように思います。乗り手もまずまずの感触を抱いていたようですし、いいんじゃないでしょうか。乗り難しい馬なので、できることならば横山典弘ジョッキーにお願いしたいと思って前走後に騎乗依頼をかけていたんです。当初は土日とも中山で乗る予定だったのですが、宝塚記念で阪神に乗りに行くことになったので、彼とのコンビで向かうとなれば土曜日の限定戦が中心となります。乗り手が分散していることから土日でメンバーの差が出る可能性も否定できませんが、これまでのレース内容から順番待ちの状況ですし、強気に土曜日のレースで固定してまわりを他へ移すという作戦でもいいのかなと思っているところです。いずれにせよ、もう少し状況を見ながら吟味して、当初の予定どおりのプランでいずれかのレースを選ぶつもりです」(萩原師)状況次第で他のレースへ変更もしくは翌週などにスライドする可能性もありますが、今のところ25日の中山競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)に横山典騎手で出走を予定しています。
------------------------------------------------------------------------------------------
6/16 萩原厩舎
15日は美浦南Pコースで追い切りました(43秒7-12秒4)。16日は軽めの調整を行いました。「引き続き慎重に様子を見ていましたが、思ったよりダメージがありませんでした。もちろんいいことですし、それならばこのまま競馬へ向かって行っても大丈夫であろうと判断して、放牧には出さずに手元で調整を続けています。水曜日の朝に時計を出したのですが、使ってきている状況ですから終い3ハロンだけ少し伸ばすような調教です。動きはいい意味で余裕がありましたし、悪くないですよ。あとは目標をどこにするかですが、正直決めていません。通常ならば開催始めに有力どころが集まりやすく、2~3週目が少し手薄になりやすいものなのですが、今週の想定を見ると開幕週でもそれほど極端に強いのが揃っていない。それはこの時期だからというものなのか、または待機しているのか。今のところ限定戦が2鞍組まれて一般戦も2鞍、合計4鞍のダート1800mが組まれている来週の競馬を考えているのですが、状況が読めないので、来週の状況次第で予定どおり2週目へ行くのか、もう1週待って3週目へ向かうか、奥の手で函館参戦プランも念頭に置きながら調整するつもりです」(萩原師)
------------------------------------------------------------------------------------------

ようやっと08産の両目(アソルータ、ペルレンケッテ)が開いてくれました。
最終コーナーで二着馬に来られた時はまたか・・・と思いましたが、今回は力の差を見せて凌ぎ切ってくれました。
色々有りましたけど、とにかくホッとしたというのが一番です。
勝ち上がり後は返す刀で織姫賞に出走。勝負所でもたつきましたが最後の脚には眼を見張るものがありました。
やはり芝が良いなと再確認できましたし、まだ奥がありそうに感じました。
今後の課題はいかに道中スムーズに運べるかという所ですね。勝負所での反応がまだまだ鈍いです。
とはいえ、しっかりしてきたとは言っても去年の今頃は夏負けしていた馬。
タフな状態の中山の芝を走った事ですし、そろそろ一息入れて秋に備えるのも良いかなと思います。



画像、近況文はCARROT CLUBの許可を得て転載しています。

スポンサーサイト

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

コメント
No title
おはようございます、たかはらさん。
アソルータ、やきもきさせましたが、まずは勝ち上がりおめでとうございます。
そして織姫賞もしっかり好走。
地力のあるところも見せてくれましたし、これから一息いれて、
秋冬シーズンに逆襲ですね。
[2011/07/19 07:07] URL | たま #- [ 編集 ]

Re: No title
たまさん、お祝いコメントありがとうございございます!
土壇場に追い込まれる前に何とか勝ち上がれたのは勿論嬉しかったのですが、
チョコクランチ、ティアレと今まで500万の壁に跳ね返されてきた出資馬達を見ているだけに、
昇級戦で目処を付けられた事も嬉しかったです。
一口を始める前は未勝利も500万も大差なく思っていましたが、今では1勝の厳しさ、そして昇給の壁という物を思い知らされています(苦笑
秋には一回り成長した姿を見せてもらいたいですね。目指すは芝での1勝です。
[2011/07/23 04:19] URL | たかはら #nxBgiws. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://taka0hara.blog23.fc2.com/tb.php/365-8a15e7f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。