検索フォーム

プロフィール

たかはら

Author:たかはら
ミスターシービーファンの親の元で育ち、ホクトヘリオスと出会い、フジヤマケンザンで抜け出せなくなりました。

出資馬リスト

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンタ

こんなハズレばかりでは、どうしようもないよ
一口馬主ライフと毎週の競馬予想。
【2012/6,7月近況】ホワイトフリート
ホワイトフリート
牡2 美浦・久保田厩舎 (0.0.0.1.0.1)
父 クロフネ
母 ファインセラ(サンデーサイレンス)
http://db.netkeiba.com/horse/2010104258/

ホワイトフリート201203

(C)CARROT CLUB



------------------------------------------------------------------------------------------
8/8 NF空港
8日にNF空港へ放牧に出ました。「まだ子供子供していましたが、それでもタフなシチュエーションに心折らずに最後まで走れていたのは好感が持てましたね。もっとこの血統らしいグンッと来るところを見せるようになって欲しいのが正直なところですが、競馬もわかっていないような段階ですし、少しずつです。今日いったん空港牧場へ放牧に出しました。気性面を考えてもあまり詰めすぎるのは良くないと思ったのが判断の理由です。今のところ1週間ほど空港でレース後の疲れを取ってもらったあとに天栄のほうへ移してもらうように話をしています。馬の具合やその他の都合なので前後する可能性はありますが、秋に備えて本州へ移してもらって、中山かそのあとあたりの競馬を目指しながら調整していければと考えています」(久保田師)
-----------------------------------------------------------------------------------------
8/4 札幌競馬場
4日の札幌競馬では中団を進む。レースが動き出してからは追っ付けながらになるも最後までジリジリと脚を使い4着同着。「競馬に行ってみてどうかなと思いましたが、砂を被ったあとも集中力を切らさずに比較的真っすぐ走れていました。まだ走り方がわかっていない感じでハミの取り方が一定ではありませんが、そのあたりは経験を積みつつ力をつけてくれればと思います。返し馬でもヒヒーンと鳴いていたし、子ども子どもしているからこれからの馬だと思います」(吉田隼騎手)「前回が前回だったのでどれだけ気持ちを走ることに向けていられるかがポイントだと思って見ていました。1コーナーでまともに砂を被ったときはさすがに気にしていましたが、それでバラバラにならず気持ちも切らさずに走れていたと思います。本音を言えばもっとグッと来てほしいけれどジリジリと最後まで脚を使っているし、悪くはありません。体は絞れていたけれどまだぽわんとした体付きで幼児体型。どこが悪いとかはないけれど、全体的に良くなり、力をつけてくる時期はやはりこの血統のパターンなのでしょうね。適度にお休みと競馬を織り交ぜながら良くしていければと思っているので、レース後の様子を見てから決めますが、ひと息入れて秋に備える形を取るほうをメインに考えようかと思っているところです」(久保田師)前走が若さの目立つ一戦だっただけに今回は如何に気持ちを走ることに集中させて競馬ができるかがポイントでした。ダート替わりでこなさなければいけない課題もありましたが、我慢は利いていましたし、進展の見られたレースだったと言えるのではないでしょうか。本当に良くなるのはまだ先かと思わせますし、長い目で見ながら良くしていければと考えています。
-----------------------------------------------------------------------------------------
8/1 札幌競馬場
1日は札幌ダートコースで追い切りました(67秒4-52秒4-39秒5-12秒8)。「先週末の調教は隼人が新潟に乗りに来ていましたし、普段とは違った乗り手に乗ってもらって感触を確かめました。少しモタれるようなところがあったのですが、動きはまずまず。そのモタれの部分も踏まえて今朝は隼人を背に動かしたのですが、今日はその課題も解消し、いい動きを見せてくれました。終いにドンッと来る感じではないものの、全体の動きとしては良く、先週よりも上向いているのではと隼人も言っていました。まだ幼さが残る現状ですし、どこまでやれるかは蓋を開けてみないとわかりませんが、ダートも悪くないと思います。前回は向こう正面のことがあってまともな競馬ができませんでしたから、気持ちを改めてどれだけやれるかを見たいですね」(久保田師)4日の札幌競馬(2歳未勝利・ダ1700m)に吉田隼騎手で出走を予定しています。
-----------------------------------------------------------------------------------------
7/25 札幌競馬場
25日は札幌ダートコースで追い切りました(53秒6-39秒5-12秒7)。「先週の金曜日に入厩させています。さっそく週末から時計を出していて今朝は隼人を乗せて追い切りました。他厩舎の馬とペアを組ませてもらって半馬身ほど後ろから追いかける形だったのですが、仕掛けてからちょっと遅れを取ってしまったと隼人から連絡がありました。15-15くらいのペースで行っているうちはハミにグッと来るのですが、それはトモの力がまだ付き切っていなくて前に頼るところもあるからハミに乗っかってきているところもあるんです。それなのでペースが上がるとギアが換わり切れないところもあるのでしょう。順調には来ているのですが、精神的なことも含めてやはりこの血統どおりなのか良くなるのは先なのかもというのが前回も今回でも抱いた印象です。ただ、競馬を使いながら教えていける部分もありますから、プラスに考えながら調整をしていますよ。今回は現状の走法なども考えてダートを試してみようかと思っているんです。札幌にいるノリちゃんが“オレの馬が帰ってきた”とさっそく厩舎に見に来てくれたようですが、前走で良くないイメージを与えてしまいましたし、今回は経験という部分も大きいので稽古から乗ってくれている隼人にお願いしようと思っています。ノリちゃんにはまた良くなってきたタイミングでお願いするつもりでいます」(久保田師)8月4日の札幌競馬(2歳未勝利・ダ1700m)に吉田隼騎手で出走を予定しています。
-----------------------------------------------------------------------------------------
7/17 NF空港
先週末にNF空港へ移動しました。ウォーキングマシンでの運動を行っています。「札幌競馬場への帰厩に備え、先週こちらに移動して来ました。検疫次第では今週中の移動の可能性もあるようですし、ビッシリと乗り込むのではなく体調を整えることがメインになりそうです」(空港担当者)
-----------------------------------------------------------------------------------------
7/12 NF天栄
周回コースでキャンター調整を行い、週2回は坂路で14-14を行っています。「順調ですね。元気いっぱいで調教を進めていっても大丈夫な状態でしたから、この中間は15-15よりさらに速いところも取り入れていますよ。そろそろ具体的なことを考えていけるということを先日改めて調教師と話をして、札幌開催を目指すことになりました。入厩に備えて週末にいったん空港牧場へ移動し、現地で体調を整えてから入厩する予定です」(天栄担当者)
-----------------------------------------------------------------------------------------
7/4 NF天栄
周回コースでキャンター調整を行い、週2回は坂路で15-15を行っています。「先週までは普通キャンター程度の調教ペースでしたが、順調に来ていることを踏まえて今週より15-15を取り入れ始めました。競馬ではちょっと敏感なところを見せていましたが、こちらでは馬沿いが悪いような面も見せていませんよ。久保田調教師とも話をしましたが、すぐとは言わないものの徐々に移動を考えていけるようにしたいですね。馬体重は465キロです」(天栄担当者)
-----------------------------------------------------------------------------------------
6/26 NF天栄
周回コースか坂路でキャンター調整を行っています。「この中間から乗り出しました。基本は周回コースでじっくり動かすことにしていますが、坂路にも入れ出していますよ。レースで大きなダメージもありませんでしたから元気いっぱいだし、順調に乗れています。調教師とも話をしましたが夏競馬を考えることは十分にできそうな状態ですし、この調子で進めていきます」(天栄担当者)
-----------------------------------------------------------------------------------------
6/19 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「先週こちらに帰ってきましたが、馬は元気にしています。特段気になるようなポイントも今のところは表に見せていません。まだトレッドミルでレースと移動後のケアを行っているところですが、今週末もしくは来週あたりから乗り出せるのではないかなと考えています」(天栄担当者)
-----------------------------------------------------------------------------------------

ダートでの2戦目となりましたが、大分モタモタしたものの前走よりはまともに走ってくれました。
しかし、何しろあのコースで勝負するには前向きさが足りないですね。あの位置からではとても・・・。
それでも直線では見ている印象以上にしぶとく足を伸ばしてきての4着同着。
欲を言えば、もう一伸びして3着を確保して欲しかったのですが、どうやら直線も手前を変えずに走っていた模様。
この幼さが解消してくれない事には勝ちきるまでは難しいのかな。

能力が全くない馬ではないという事は確認できたのでホッとしました。



画像、近況文はCARROT CLUBの許可を得て転載しています。


スポンサーサイト

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル